ニュース

太陽光発電システム、欠陥工事多発

太陽光発電システムのパネル(モジュール)を設置後、雨漏りするという苦情が相次いでいるようです。

太陽光発電、雨漏り注意「設置工事で穴」苦情相次ぐ(asahi.com)

リンク先は2010年1月6日のニュースですが、問題自体は少し前から出始めているようで、設置後2年から3年してから発生する場合もある模様です。

太陽光発電システムを設置する家庭が増え、それにともなって工事経験の少ない業者や異業種から参入している業者も急増しているため、ずさんな工事が目立っているようですね。

工事業者に対する研修も急増していますが、実際の研修は1日から4日程度ですから、研修を受けたからと言って工事が問題ないとは言えません。

工事経験がどれだけある業者か、事前にヒアリングしたり調べたりする方が無難ですね。

決して工事費用の安さだけで業者を選ばないように、注意してください。たとえ工事費用が安くても、欠陥工事だったら修繕費が余計にかかる場合もありますので。




この記事へのコメント
メーカーが多いとミスも増えますね。
携帯電話と一緒ですよ
Posted by 雨森 at 2011年11月15日 20:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。