ニュース

脱原発へ向けて

これまで記事内でご紹介していた無料の比較見積もりプログラムが終了したので、別の無料比較見積もりプログラムをご紹介します。

コチラです↓




さて、東日本大震災を機に、脱原発へ向けての気運が高まっています。

例えばこんな記事。
メガソーラー 知事が視察

太陽光発電は国を挙げてますます広まっていくでしょうし、規模も拡大していきそうですね。
そして、各家庭での太陽光発電システムも徐々に浸透していく流れになっていきそうです。

とは言っても一般庶民にとっては高い買い物ですから、お勉強と見積もり比較はしておきましょう。




この記事へのコメント
親韓反日で知られる菅直人は、孫正義らの富者がメガソーラーでさらに儲けるために再生可能エネルギー法案を成立させることに政治生命を掛けている。
同法案が不幸にも成立すると、電力会社はメガソーラーなどで発電した電力の買取を義務付けられる。
自社で発電している電力の原価に比べて高い料金で買い取らなければならない。
しかし、電気料金を上げることによって対処するから、電力会社は損をしない。
孫正義はノーリスク・ハイリターンの投資が出来る。
負担を強いられるのは一般の国民である。貧しい人は益々貧しくなる。
中小企業は赤字になるか又は倒産に追い込まれる。
大企業も電気料金の安い韓国企業と競争できなくなる。
孫正義は太陽光パネルを韓国企業から買うから、日本企業には恩恵がない。
孫正義が社長を務めるソフトバンクは、電力を食う多数のサーバーのあるデーターセンターを電気料金の安い韓国に既に移している。
自治体はメガソーラーに貴重な税金を1円たりとも使ってはならない。高い電気料金と税金という二重の負担を市民にかけてはならない。
再生可能エネルギーの導入は、立地条件の異なる各電力会社の風力、水力及び地熱発電などの独自の計画に委ねるべきである。他人が発電した電力を強制的に高価で買わせるべきでない。
Posted by 盗人・李メドベージェフ at 2011年08月12日 12:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。